トヨタカローラ沖縄TVCM 琉球偉人シリーズ「恩納ナビー」

2018.11.25.(日)

すでにCMを見た方もいるかもしれませんが

トヨタカローラ沖縄TVCM
琉球偉人シリーズ「恩納ナビー」

恩納村のあちらこちらが登場!

恩納ナビーがCMでよみがえった〜!

ぜひチェックしてみてね~☆

 

恩納ナビーとは

恩納 なべ(おんな なべ、琉球語:うんな なびー、生没年不詳)は、18世紀の琉球王国の農民・女性歌人(琉歌)。尚敬王(在位1713年-1751年)または尚穆王(在位1752年-1794年)の時代に生きたとされる。

沖縄本島北部の恩納間切の農民の娘として生まれた。本名は「なべ」といい、一般に恩納なべ(恩納ナビー)と呼ばれる。沖縄学の祖・真境名安興は尚穆王の時代の人とし[1]、山内盛熹(尚泰王近習を経て明治期の琉球音楽研究家)も宜湾朝保から直接聞いた話として同様に述べている(『国頭郡志』)。伝説の多い人物で、「隣間切に金武という恋人がいた」「馬車引きと結婚した」などの話が伝えられる。なお、実在を疑問視する説もある。

農民の心情や情熱的な恋愛を力強く詠う作風で、王国時代の女流歌人として吉屋チルーとならび称される[2]。恩納村には歌碑が建立されている。

ウィキペディアより引用

 

#かもはられな