沖縄マンゴーは、太陽の恵みをたっぷりと受けた、日本国内でも特に人気のあるトロピカルフルーツです。

この果実は、糖度が非常に高く、その濃厚な甘さと芳醇な香りで、多くの人々を虜にしています。

本記事では、沖縄マンゴーの魅力を深く掘り下げ、その特徴、歴史、食べ方、味の特性、沖縄での収穫時期、選び方と保存方法について詳しく解説します。

 

沖縄マンゴーとは?

沖縄マンゴーは、沖縄県で栽培されるアップルマンゴー、アーウィン種、キーツマンゴーなど複数の品種を含むマンゴーの総称です。

沖縄の温暖な気候と海風の恩恵を受けて育ったこれらのマンゴーは、特に糖度が高く、完熟すると皮が黄色からオレンジ色に変化し、甘い香りが強くなります。

 

沖縄マンゴーの種類

沖縄の太陽を浴びて育ったマンゴーは、日本国内で高い評価を受けています。

特に沖縄で栽培されるマンゴーは、その種類の豊富さと各品種特有の味わいで知られており、愛好家たちの間で大きな注目を集めています。

ここでは、沖縄で栽培される主要なマンゴーの種類とその特徴について詳しく掘り下げてみましょう。

 

アップルマンゴー(アーウィン種)

アップルマンゴー、別名アーウィン種は、沖縄で最も人気のあるマンゴーの一つです。

マンゴーといえば、このアップルマンゴーのことを指します。

この品種は、鮮やかな赤い皮と濃厚な甘さが特徴で、果肉はジューシーで滑らか。

糖度は15度以上に達し、まろやかな酸味が甘さを引き立てます。

6月から8月が旬の時期で、この期間には最高の味わいを楽しむことができます。

 

キーツマンゴー

キーツマンゴーは、アップルマンゴーよりも大きく、重量感のある果実が特徴です。

糖度は非常に高く、濃密な甘みと深い香りが魅力。果肉はやや繊維質があり、食べ応えがあります。キーツマンゴーは、沖縄では比較的少量の生産であり、希少価値が高い品種とされています。

 

ミニマンゴー

沖縄県原産の伝統的な品種で、小ぶりながらも非常に高い糖度を誇ります。

果肉は柔らかく、クリーミーで、甘みと酸味のバランスが絶妙です。地元沖縄で古くから親しまれている品種で、伝統的なマンゴーの味わいを楽しみたい方におすすめです。

 

沖縄マンゴーの歴史と背景

マンゴーは、その鮮やかな色、甘く濃厚な味わい、そして芳醇な香りで世界中の人々を魅了し続けています。

インドをはじめとする南アジアが原産のこの「果実の女王」は、紀元前から栽培されてきた歴史を持ち、トロピカルフルーツの代名詞とも言える存在です。

 

マンゴーの起源と栽培の始まり

マンゴーの歴史は、なんと紀元前4000年頃にまで遡ります。

原産地はインドとインドシナ半島で、そこから世界中に広まっていきました。

インドでは、マンゴーは「聖なる果実」とされ、多くの神話や伝説に登場します。

また、インドの歴史書『ヴェーダ』にもマンゴーの記述が見られるなど、古くからその価値が高く評価されていました。

 

インドから世界へ

マンゴーの栽培とその文化は、インドから東南アジア、東アフリカを経て、世界中に広がっていきました。

15世紀には、ポルトガル人がインドを訪れた際にマンゴーをヨーロッパに紹介し、その後、アフリカ、アメリカ大陸へと持ち込まれました。

特にブラジルを経由してカリブ海地域、メキシコ、アメリカのフロリダへと広がり、世界的な栽培が進みました。

 

マンゴーの栽培技術の発展

マンゴー栽培の技術は、長い年月をかけて発展してきました。

特に注目すべきは、品種改良です。元々マンゴーには数千の品種が存在していましたが、より甘く、病害に強い品種への改良が進められてきました。

また、グラフト(接ぎ木)技術の発展により、品種の特性を保ちながら効率的に栽培できるようになりました。

 

日本への伝来

日本にマンゴーが伝わったのは比較的新しく、明治時代の終わりごろとされています。

しかし、本格的な栽培が始まったのは昭和に入ってからで、特に沖縄県での栽培が盛んになりました。

沖縄の温暖な気候はマンゴー栽培に適しており、現在では高品質なマンゴーが生産され、国内外で高い評価を受けています。

 

マンゴーの切り方

マンゴーを切る準備

マンゴーを切る前に、適切な熟度のマンゴーを選ぶことが重要です。

熟したマンゴーは外側が少し柔らかく、甘い香りがします。

また、切る際には、滑りにくいカッティングボードと、鋭いナイフを準備しましょう。手を切らないように、十分注意して作業を行ってください。

 

花びら切り

  1. マンゴーの底を少し切り落とし、立てやすくします。
  2. マンゴーの種の位置を確認し、種に平行にナイフを入れ、果肉の大きな部分を種から切り離します。同じ作業を反対側でも行います。
  3. 各切り分けた部分に、格子状に切り込みを入れます。ただし、皮までは切らないように注意してください。
  4. 皮を裏返しにして、花びらのように開きます。この状態で果肉をスプーンでくり抜くと、食べやすい一口サイズになります。

立方体切り

  1. 花びら切りの初めの2ステップと同様に、マンゴーの果肉を種から切り離します。
  2. 皮を剥きます。小さなナイフを使って、果肉の表面に沿って皮をむき取ります。
  3. 皮を剥いだ果肉を立方体状に切ります。サラダやデザートのトッピングに最適です。

そのほかの切り方

  • 種周りの果肉も無駄にしないで: 種の周りにもまだ食べられる果肉が残っています。ナイフを使って、この部分を切り取りましょう。やや手間はかかりますが、マンゴーの美味しさを余すところなく楽しむことができます。
  • 皮を使って持つ: 皮がついたままの果肉の片側を持ち、もう片方の手で果肉をカットすると、手がベトベトになりにくく、扱いやすくなります。

 

沖縄マンゴーの食べ方は?

ジュースやヨーグルト、ケーキやタルトなどのデザートに加えても、その独特の甘さと香りを楽しむことができます。

 

沖縄マンゴーはどんな味?

沖縄マンゴーは、糖度が非常に高く、まろやかな酸味と合わせて濃厚な甘さを感じさせます。

果肉はなめらかで、とろけるような食感が特徴です。完熟すると、皮が赤く色づき、甘い香りが一層強くなります。

 

沖縄での収穫時期(旬)と購入時期は?

沖縄マンゴーの旬は、6月から9月にかけてです。

この期間に収穫されるマンゴーは、特に品質が高く、甘さと香りが際立ちます。

6月といえば梅雨ですが、沖縄の梅雨明けに関する情報はこちらから

 

選び方と保存方法

選ぶ際は、皮の色が鮮やかで、果実に重みがあり、甘い香りがするものを選びます。

保存する場合は、常温で追熟させ、食べる直前に冷蔵庫で冷やすと、より一層美味しくいただけます。

 

まとめ

沖縄マンゴーは、その濃厚な甘さと芳醇な香りで、果物の中でも特に人気のある一品です。

沖縄の太陽をたっぷりと浴びて育ったマンゴーを是非この夏、ご賞味ください。

 

 

この記事をシェアする

関連記事はこちら